忍者ブログ
mugenストーリー動画「七夜月風」の解説その他諸々 メール→y_443c☆hotmail.co.jp ☆を@に
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今更ですが新年あけましたおめでとうございました。
今年もよろしくお願い致します。
宣言通りようやく本番の戦闘とかに入っていく感じです。
でもメインの後半は(ry

※3/10:ネタバレ更新しました。

●登場キャラについて
・レオナvsアル:この動画の数多い因縁がある組み合わせ。
 こういうライバル関係というか敵関係が好きです。

・ウィップ&マキシマ:どうしてかウィップがこういうキャラになってしまうという。
 2001の小説が私の中の公式設定なんですけどナンデカナー。マキシマがおかんなのは仕様。

・K':ある意味こっち側の主人公。だるい中にいかにやる気を出させるかという難しさ。
 原作だと何処かの誰かの影響下根っこはアツいような気がしないでもない。

・クーラ:何を毎度喋らせるか悩むキャラだったり。
 というのも、こういう感じのキャラの台詞書いてるとまどろっこしくなってくるのである。

・K:久しぶりに出したのですが、キャラ更新がちょうど重なったり使用禁止とか来るかわからないので戦闘はなしになりました…好きなキャラなんですけどね。

・ロック:悲しみの主人公。このまま行ったら確実に道を踏み外しそうというか、行っちゃいけない方に行きそうな感じである。
・アルティ:ロック側のヒロインポジっぽいけど、こっちはこっちで別の方である。
 そしてロックと対になってるせいかこっちに死亡フラグが立ちそうに見える不思議。

・七夜:主人公。七夜がそういう自分の気持ちを口にしたのは2度目ですが、気持ち自体はこっちが先です。
・琥珀さん:もうヒロインにしか見えない。琥珀さんは可愛い。


●話のあらすじ
戦いの火蓋は切って落とされた。
ハイデルンたちとネスツが激しい戦いを繰り広げる中、ロックはアルティと敵の本拠地を目指した。

そして、七夜は夢を見る。それは幼い日のユメ―――


●話の展開について
戦闘開始って感じで前半はハイデルン側とネスツ側の対決。
全キャラは出来なかったので一部キャラだけですが。
中盤のロックの動きの後は、七夜と琥珀さんの過去。
最初からあのふたりはあんな感じと決めてましたけど、例によって長くなりすぎたので泣く泣く削り…
でも長い。


●戦闘キャラについて
◇1戦目
・レオナ:アフロン氏「ヤミノナカオロチノチニメザメルレオナ」
 +ピータン氏作「ノーマル化パッチ」(AI同梱) 補正無し
・アル:Tokia氏「アナザーレオナ」 AI:5/5(Nori氏作)補正無し

レオナ姉さんがかなり圧倒してますけど、ハマるとアルも強いです。
リボルをなかなか撃ってくれなくて悲しいですが、MAXフルブラもかっこいいのでよし。


◇2戦目
・ウィップ:H”氏「ウィップ」 AI設定無し(緋麿氏)補正なし
・マキシマ:青村氏「マキシマ」 AI:8/10(デフォルトAI)補正なし
vs
・ロボクーラ:キール氏「ロボクーラ」 AI:2/5(Vitz氏作) 補正無し
・ロボK':キール氏「ロボK'」 AI設定無し(pprn氏作) 補正無し

何気にウィップもマキシマも初戦闘?
欲を言うとマキシマはあの「ヴェイパーッキャノォーン!」みたいな2001の声の方が(ry
ゲージを使っちゃうからかなかなかブラックホークを放してくれませんでしたが、いい感じにまとまったのでこれで。
しかしロボコンビは本当に相性が良くて困る。


●伏線&ポイント
・戦ってる相手と、そこにいない相手
・敵の本拠地の場所
・七夜と琥珀の過去

もう伏線は基本無いので前フリくらい、後は昔の話とか回収とか…なはず。


●コメントの質問返し等(あくまで一部です)
・うぽつ~長くても良いし、分割しても良いんじゃよ?それにしてもタグwwヒドイ当て字だwww
⇒初殺意(はつこい)って読めそうで読めない…いや、気合で(ry

・いやん♪相思相愛だわ
⇒素敵な殺し愛ですねわかります。

・やだ、私の宣言///
⇒見直したら誤字でした。やっちまったぜ☆

・姉さんやべぇwww
・外道がぁ
⇒本当はロボK'にブラックホーク撃ち込んで欲しかったんですけど(ぇ

・いやー、強いって言っても女の子一人置いて行くとかどうなのww
⇒K'「めんどくせぇ…」

・本当に用事があるのに何故にツンデレ風www
・ツデレ乙
⇒スーラの真似と言うか逆やってるんですけど、ロックが乗ってくれなくて悲しいアルティさんでした。

・…コハッキー
・原作よりは救われてるんだがな・・・
・微笑ましいな、・・・・・・物騒な意見ってのを除けば
・この頃からかー・・・・・・、筋金入りだな・・・
⇒この動画の琥珀さんは幼少期にひどい目にあってませんけど、アレがなくてもこんな感じかなーという想像。
 内向的と言うか、他人を突っぱねてそうだけど内心は仲良くしたいって思ってるというか…ツンデレちゃうわ!

・恋は盲目とはよくいったものだ
・ああ、これは落ちるわ……
・もう熟年夫婦じゃないッスか・・・
・ななやんイケメン過ぎるわ
⇒ふたりとも下手にませてるのと、七夜がずれてるからこそ一周回って逆に落ち着いてる感。

・これが・・・・・・恋・・・・・・
・七夜の愛情表現は・・・
・「殺したい程愛おしい」・・・・・難儀なやっちゃなぁ・・・
・初殺意・・・はつこいか
・初恋か・・・
⇒ちなみに、後半は七夜の内心で口にしてはいない、という裏話。
 でも多分、繋がっているのであそこまで本気で思ったら伝わってしまうとか素敵じゃないですか?
 補足:七夜はウィンドの偽物と対峙して、自分の気持が一種の「愛」だと認識しました。
 つまり、琥珀さんに言ったことは…

●ひと言
終わりまで一直線という感じで進んできます。
特に七夜の方はもう…という感じで。
書いてる側も切ないし寂しい感じですが、なんとか終わりまで…
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理用
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
Twitter
最新CM
[01/22 七夜月]
[01/22 獄死]
[09/27 七夜月]
[09/27 黒夜史記]
[05/08 七夜月]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
七夜月
性別:
非公開
アクセスカウンター
忍者ブログ [PR]