忍者ブログ
mugenストーリー動画「七夜月風」の解説その他諸々 メール→y_443c☆hotmail.co.jp ☆を@に
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ただひたすらにカリスマを求めてと言うか表現したくて書いたらこうなった。
セリフは長くなるし、エフェクトがド派手で画質がきついし何より紅がエンコ殺しだった。
おかげでとんでもなくひどいところで終わる動画になってしまった事をお詫びしますorz

●登場キャラについて
・レミリア:ウチの動画のカリスマ・オブ・カリスマ。
 い~どぅ~さんの絵を使わせて頂いた事によりカリスマはさらに加速した。
 ウチのレミリアくらいは99%くらいカリスマで構成されたレミリアにしたかった。
 今も後悔していない。でも台詞が長くなった事はこうk(ry

・七夜:書いたのがあまりにも久しぶりだったからかなんからしくないと言うか…
 むしろレミリアのカリスマにあらゆるものを持って行かれた気がしないでもない。


●話のあらすじ
七夜はレミリアに連れられ、レミリアの館にいた。
レミリアの力、七夜の力、運命、レミリアの過去。

誰も傷つけないなら、このままどうなってもいい。
その言葉に、レミリアは七夜へひとつのゲームを持ちかけた。

ゲームの内容は「殺し合い」―――
レミリアが勝てば「七夜の残りの人生」を、七夜が勝てば「七夜の望み」を。
七夜の前に立ちはだかるは、「運命を殺す」吸血鬼の姫。

化け物と人間の殺し合いが、紅い月の下に始まった。


●話の展開について
この部に入ってから、と言うかそれよりもずっと前からずっと書きたかったところです。
カリスマに溢れたレミリアと殺人貴の殺し合い…ある意味では殺し愛。
本当なら戦闘の決着、その後のまとめまでずっとカリスマ溢れてたんですが、尺が…
画質とか尺とか時間には未だに勝てません。


●戦闘キャラについて
第一戦
・七夜:⑨氏「七夜志貴」 AI:10/10(フツノ氏作) HP120% ATK100% DEF85%
・レミリア:Lates氏「ザトラツェニェ」 AI:10/10(デフォ) 7Pカラー

ザトラツェニェの7Pカラーの説明(りどみより)
~ここから~
7Pは強化モードになります。

・パワー常時回復。
・一部技に回復できる光の玉を発生させる。
・光の玉による回復量が上昇。
・空中ダッシュ、空中移動技無制限。
・攻撃力激増。
・防御力減少。
・ライフが常時減少。

の能力が付加されます。
~ここまで~

黙っててもHPが減ってくので拘束力の長いコンボをするキャラには一気に削られます。
この七夜でも結構普通に勝ってしまうから撮り直しが結構…
でもまぁ、通常コンボでもゲージ技でもものすごい削るので刺さると相手は死ぬ。


第二戦
・七夜:分子氏「殺人貴」AI設定無し(デフォ) HP120% ATK100% DEF85%
・レミリア:Lates氏「ザトラツェニェ」 AI:10/10(デフォ) 7Pカラー

一戦目と同じで恐ろしく拘束力の長いコンボをする殺人貴は相性が悪いです。
お互い死ななきゃ安い状態だったり急に一方的な展開をしだしてなかなかいいのが…
と思って気まぐれに撮り続けた3ラウンド目までめっちゃカッコよく決めた戦闘が撮れたのでこれで。

あと、ラストの技は(以下りどみ引用)
~ここから~

一撃必殺。
3ゲージ消費技。
相手のライフが25%の以下時限定。
他の超必と違い、通常技のコンボに組み込むことが出来る。
無敵が長く判定発生は保障されている。
タッグ時は何気に味方も吹っ飛ばす。

~ここまで~
初戦でも容赦なくぶっ放してくるんですが、これでKOされると跡形も残らないっていう。
最終ラウンドで決めてくれたのはかっこよすぎたんですが、若干ぼかしに困ってああなりました。


●伏線&ポイント
・レミリアの能力
・七夜の能力
・レミリアの過去
・レミリアと七夜の会話

基本的に都合がよすぎた偶然はレミリアの差し金だと思ってくれれば。
別な意味で黒幕と言うかなんというか。暗躍してる人っていう意味でですね。
伏線と言うか暗示っていう意味の台詞が多いですね、レミリア。


●コメントの質問返し等(あくまで一部です)
・追いつくのに10日かかったぜ!
⇒こんな動画よりもギガバンブー見ようぜ!(ぁ
 いや、ホントにありがとうございました。

・全てはカリスマが原因か把握した
⇒全ては溢れ出るカリスマが原因でした。

・あれ?七夜出てきたのにまだ「七夜」消えてるんだ
⇒七夜が半死人状態ですし、「七夜」が出るにはもっとふさわしい場所があるでしょう?

・開幕からカリスマ全開www
・いきなりカリスマ全開か
⇒うちのレミリアお嬢様は基本的にカリスマしかありません。

※雨の雫の話
⇒言われて気付いた、これなんで見たかと思ったら天上天下だった!(ぁ
 まぁ、アレを読んでた当時は無理に意味を理解しようと思って頭がおかしくなりそうでした。
 多分こういう事を云ってたのかなぁと今更。

・ネロいたっけ…と思ったが確かに会ってたな
・ナイフ使い?誰だ?
・ナイフ使い、俺も覚えてないw
・アギト出たの一度きりだしなww
・←アギトだよ
・アギトだよな
・←おまえらアキト忘れたのよw
・←アキトいわんでおねがい;;
・この動画ではアギトって名前も懐かしいな
・ア・ギ・トです!
⇒まぁ途中から見た人は知らないかもしれませんが、最初の敵のボスキャラです。
 ちなみに第五部前半で影としてまた七夜と戦ったりしてましたよー。

・ホントに型月好きだなうp主
⇒うん、大好きさっ☆

・俺のことか…
・いや…俺だな…
・←シリアスな場面になんてことをw
・←吹いたじゃねえかwww
・←おまえwwww一瞬考えた後に爆笑したわwwww
・←この野郎wwww
・↑おまえらの総ツッコミに吹いたわwww
・←おまえらwwww
・←シリアスな時くらいは少しは自重をせい
・←おまえはヴァニラかwww
・←俺まで考えてから爆笑しちまったじゃねぇかw
・←おまえじゃねぇよwww
・←やwwめwwwろwwww
・…ごめん…君ら好きだわ…w
・←おまえらw
・←ただし3:38、テメーはダメだ!
・←この状況で一個のコメに集団でつっこんでんじゃねぇよwww
・←なんという連帯感
⇒コメントの訓練されっぷりと言うかノリのよさに私の腹筋がマッハになった。台無しであるw

※ふらんちゃんうふふ?
⇒妹は原作通りフランですが、例によって年が原作より離れてて云々。
 この辺もちゃんと動画で作りたいかなーと思ったけどキャラ関係で適役に困るのでパスかなー…

・あれ?このBGMはFF?
⇒いいえ、とあるオーエンのアレンジの一部分です。言われたらFFに聞こえるかも。

・あれ?この話前にどこかで
・←多分、七扇の某動画じゃね?
⇒なん…だと…?
 まさかのズズズさん(七夜が往くであってる?)とどっかぶりである。すいまえん;;
 こんな事ならさっさと最新話まで追いかけるべきだった…まだイギーくらいで止まってます。

・特に?時にか?
⇒やっちまったーーー!!
 あれだけシリアスで誤字はもういやだー!って確認しても無くならないのが誤字。
 ちょっとおぜうさまのカリスマに殺されてきます。

・救うから英雄ではなく、救ったから英雄って逆説なんだけどね
⇒その救うことが既に運命だったら、救う前から英雄なのでは?というはいかが?
 まぁ、運命なんて誰にもわかりませんからにんともかんとも。

※真っ黒な鎧を着た死神
⇒正解は次回で!しかしガッツと言う発想はなかった。マジンガ様と言う発想はもっとなかった。

※運命の話をしてる時のBGM
⇒El Doradoのアルバム「Solaris Lues」より『Stella Lirica』という曲です。

※英雄
⇒ある種の例え話です。
 わかりにくいと思うので付け加えると、次の話のセリフにここが繋がってます。

 運命を打ち破れる人こそが英雄⇒人は誰しも運命に抗える⇒人は誰しも英雄になれる
 
 と言うように、レミリアが人間に対して畏敬の念を示している、と言う話です。

※七夜とロック
⇒これもまた別なところに繋がってますけど、こうやって書くとふたりってそっくりですよね。
 まぁ、今まで何度もあった事ですけど。

※もうカリスマしかない
⇒い~どぅ~さんのレミリアがカリスマ過ぎたのが悪い…いいぞもっとやれ!
 てかこのグラを見続けながら長い文章を書いてたらカリスマで頭がおかしくなりそうでした。

※それがたとえ那由他の彼方でも 俺には十分過ぎる!!
⇒アンデルセンはマジかっこいいよくて好きなキャラでした。

※ザトラさん
⇒最近更新があってまた派手になってました。正直私も初見が多すぎました。
 でもかっこいいから(ry

※Crimson Glory
⇒色々聞きましたけど、ボーカル入りでもこれが一番カリスマな曲だと思ったのでこれで。
 セプテットのボーカル曲の中では一位二位を争うくらい好きです。

・型月的にいうなら、喋るなんて余計なことしてんじゃねーってか ストーリーにならないけど
⇒無駄≠不必要、とは一概に言えないと思いますよ。
 ただ相手を殺すだけなら確かに言葉は余計かもしれませんが、それでは人である必要はなく、
 機械でさえあればいいわけで。
 逆に言うと、その「無駄」がまだ七夜が人間である事の証明でもあると言う事です。
 そして多分、人を捨てた人に化け物は倒せないと思います。

・相性とかあると思うけど、ザトー&エディの方が手ごわかったような
⇒演出の問題です。というかこのふたりは勝負が一方的にしかならんのです。

※よくってよ!
⇒よくってよ!黒桐さん!

・ごめん、たまに出るカリスマガードで吹くw
・だいじょうぶおれもだww
⇒唯一のカリスマブレイクだと言わざるを得ない。
 正直書き変えようかと思ったんですが忘れてたと言わざるを(ry

※諦めが人を殺す/化け物は人間に倒されなければならない
⇒吸血鬼と言えば旦那、と言う事で場面にもあってるのでオマージュしました。
 と言うかこの物語、結構よそから引っ張って来た台詞が溢れているのである。

・レミリアは死にたいのか?
・運命を破る七夜の行く末を見届けたいんじゃないか?
 その過程で自分が死んでもかまわなそうではあるが
・死にたいのではなく、生きたいと願わせたいんだろ?生きたいと願う人間を見ていたい、とかね
・見届けたいんだろ
⇒レミリアが何を望み、何を願っているかは雰囲気で察して下さいとしか…
 まぁ、おおむね考えている通りだとは思いますが。

※ブラック・オンスロート
⇒最近というかちょっと前にザトラさんに追加されたアストラルヒートです。
 これで決めてくれないかなーと思ってみてたら見事に決めてくれました。
 ちなみにぼかしてますが戦闘画面の七夜は跡形もなく吹っ飛ばされてます。

※生殺し
⇒謝罪しかないorz

・レミリアがカッコよすぎて濡れるわ…
・ザトラもっと出番ほしいなぁ こんなの見たらもっと見たくなる!
・カリスマ溢れるレミリアは大好きです。うp主ありがとーかっこよかったよー
・すっかり見いられちまったぜ…乙!
⇒こういう事を言われると本当にこの回を作ってよかったと思います。感謝。
 レミリアのカリスマがカッコイイと思ってくれた人がいたら私は喜びます。


●ひと言
構想は出来てたんですがいざ書いてみたら台詞回しに困ったり長くなってしまったと色々問題が…
でも書いてて楽しかったと言うか満足をした展開ではありました。
尺が足りなくてものすごく生殺しですが、レミリアのカリスマは次回に続く…
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
━━<第百十四話―米>━━
■偶然はレミリアの差し金⇒何をやれてもおかしくない咲夜さんがいるからできる暗躍ですねw
■もっとふさわしい場所が⇒スパロボニルファででいう所の第31話武神装甲ダイゼンガーのようなアレですかね→(´・ω・`)動画探してもみつからなかった
■最初の敵のボスキャラです⇒僕も忘れてましたwww
■台無しであるw⇒練度が高いのもどうかという事ですねw
■どっかぶり⇒レミリアってカリスマに偏って型月が好きだと真祖っぽくなったり……ドンマイb
■救う前から英雄なのでは?⇒ソレはもう呪いのようなモノですね
この手の話となるとセイバーさん辺りの事を思い出します
■ガッツと言う発想⇒まっさきに浮かんだんですが、マジンガ様はなかったwww
■運命を打ち破れる人こそが英雄⇒英雄は二通りあってて……運命に縛られた英雄と、運命乗り越える英雄がいるという事ですね
七夜が今の状況をみると後者っぽい、そうするとロックは前者に近い気がしますね、救うべくして救う人……でもそれはロックがロックだからで……
矛盾を含んだ白と黒の境界のような哲学は、面白いけど頭が痛くなると言わざるを得ない
■人を捨てた人に化け物は倒せない⇒人から化け物になった場合についてですが
人にしか化け物を殺せないというのは、化け物が人間だった事に未練に似た何かがあるから
人間という強さに概念武装的なモノがあるのかな?と思います
武装錬金の再放送の最終回みた時のパピヨンをみた時に、人間を捨てきれない部分があるから完成されない
そこに人間というスキを見出せるからこそ、人間にしか倒せないものではないのかと思いました

━━<第百十三話―米返々>━━
■そのうち思い出すから(ぁ⇒僕はまた、ターニングポイント超える所だからどうとでもなると思っているのかと
■事実関係の確認⇒ざわ…ざわ…
■ネタばれなんで(ry ⇒……いゃあ、楽しみだなぁ~
■反クリ見てください(ぁ⇒視聴してますよ~
■無茶はしても無理はしない主義⇒無茶はおkという事は、開き直ったときが危ないですよ

■投影って見ると(ry ⇒あc……
■許さざるを得ない⇒心の広さすごいですねあこがれちゃうな~
■他にも開封すらしてないゲーム⇒僕は最終回だけ見てないアニメとラスボス前で止まっているゲームが結構……
■経験が生きたな⇒風岩っぽい流れキタ、これで勝つる!
何度か書いたような気がするけど、この二人の組み合わせは好きですね、主人公が恋路のお邪魔位置ってのもたまらないですね
あと、見ててやきもきする所が、視聴者心をくすぐります
■説明書にネタばれ⇒あるあるwww
■うp主の適当な構成による適当な動画制作⇒七夜月さんは天才肌という事ですね、わk(ry
SCRAP 2010/04/27(Tue)05:10:18 編集
コメ返しその1。
>SCRAP様

●何をやれてもおかしくない咲夜さんがいるから⇒むしろこの主人あってあの従者ありという感じ。
●武神装甲ダイゼンガー⇒ダイ!ゼン!ガー!OGだとあそこだけタイトルロゴが違うとかなんとか。
●忘れてましたwww⇒たまにはアギト君のことも思い出してあげてください。
●台無しであるw⇒コメントって素晴らしくて偉大で時に強大だと思うのですよ。影響力的な意味で。
●どっかぶり⇒出来れば見てる人がいたら何話か教えてほしいところ。
●英雄⇒むしろ七夜が前者でロックが後者なイメージが…
●化け物を殺すのは人⇒勝手なイメージですが、ヒトは例え無力でも立ち向かうことが出来ますが、
 しかし化け物の行為にはそれがないと思うのですよ。
 圧倒的力を持ったが故に、力で蹂躙するか蹴散らすかの常に上から目線っぽくて、
 それ故に苦難もなく成長しないというかなんというか。限界があるようなイメージですね。

━━<第百十三話―米返々>━━
●そのうち思い出すから⇒もうロックが主人公でいいやと思ったりもしてます。いや、ロックもある意味主人公ですけど。
●無茶⇒無理は苦しんでするもだけど、無茶は楽しんでするものって偉い人が言ってました。
●積録⇒むしろ全部撮っても最初と最終回だけ見て消すことが多いですね、アニメは…
●風岩⇒組み合わせ的には結構好きなのですが、ぶっちゃけ一番幸せにならない気がします(広い目で見て
●七夜月さんは天才肌⇒ありえん(笑)単に電波の受信口がちょっといい方向を向いてるだけかと
七夜月 2010/04/27(Tue)12:52:28 編集
管理用
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Twitter
Twitter
最新CM
[01/22 七夜月]
[01/22 獄死]
[09/27 七夜月]
[09/27 黒夜史記]
[05/08 七夜月]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
七夜月
性別:
非公開
アクセスカウンター
忍者ブログ [PR]